日本の水の硬度

日本の水はほとんどが硬度100以下となっているので、軟水です。臭いや風味がとても重要なポイントになってくる日本茶や紅茶などは軟水で作ると、苦い味や渋みなどの成分と言われているタンニンを上手に引き出すので、味がはっきりすると言われています。水の硬度というのは単に味に違いを持たせるだけでなく、味噌汁や料理の味も変わってきます。食材と水が一体化して味が決まりますから、水の硬度というのはとても重要です。

例えばダシなども影響があって、昆布、かつおだしは、軟水だからこそ、うまみが引き出されます。昆布だしは昆布の表面のグルタミン酸が溶解して、美味しいダシのうまみを引き出してくれるのです。日本の軟水は日本料理に合うようになっているんですね。

関連エントリー

 
Copyright © 2011 高知県の天然水ウォーターサーバー.com. All rights reserved